新型コロナウイルスの感染防止策について

とにかくできる対策はすべて徹底して実施します!

新型コロナウイルスの感染防止策について
 長野ゼミナールは感染防止策を徹底します! 
 生徒と講師の皆さんの健康と安全を守るため、長ゼミでは一時休校からの再開後も
 「できる対策は全て徹底する」 というスタンスで感染防止策を実施します

 3つの密 「 密閉  密集  密接 」 を可能な限りたち切ります 
 お子さまと講師の直接の接触がほとんどない「新型コロナ対策プラン」の実施中でも
 教室では映像授業対応や問題演習の準備を行うため、引き続きご来室者やスタッフの
 感染防止対策を継続的に徹底してまいります。
 

 新たに実施する追加対策 

◆「密接対策」 お子さまと講師の接触がほとんどない対策プランをご用意 
 従来の授業スタイルでは、教務を行う以上どうしても「密接」を防ぐことができませんでした。 そこで従来とはまったく別の授業スタイル 「新型コロナ対策プラン」 をご用意することといたしました。 今後感染が拡大するようであれば、教材や学習計画のやり取りなども含め、完全に接触のない形での受講も可能ですのでご安心ください。

◆「密集対策」 教室へのお立ち寄りの際は入口付近で対応します
 新型コロナ対策プランでは、学習計画の確認と教材の受け渡しで必要に応じて教室にお立ち寄りいただくことがあります。 その場面で人が密集してしまうことがないよう配慮いたします。 また新入会の方のご対応や内部生のご面談などを除き、教室へのお立ち寄りの際の応対はできる限り入口付近で行います。

◆「密閉対策」 できる限り窓を開けた状態で業務を行います
 気候柄、窓を開けたままでも問題がないため、昼間に行う業務は窓を開けたまま行います。 夜間や雨天の場合ずっと開放しておくことはできませんが、最低でも授業間など定期的な換気を確実に行います。 なお換気がしにくい教室ではサーキュレータを使って強制換気を行います。

◆来室者全員の入室時の検温   
20042401.jpgのサムネール画像
従来はご家庭での検温と健康確認をお願いしていましたが、各教室で非接触型の体温計での即時検温が可能になりましたので、生徒や講師はもちろん、面談などのご来室者全員にその場で検温を行っていただきます。 体温が37.5度を超える場合は即時保護者の方にご連絡をして、ご退室いただけるよう手配いたします。 また特別に平熱が低いお子さまもいらっしゃいますので、ご家庭での検温も継続いただき、平熱より0.7度以上高い場合は通塾をご遠慮いただくようお願い申し上げます。






 以前からの継続対策 

飛沫感染を防ぐためマスク着用をお願いしています
 教室内での咳エチケットを徹底いたします。またお子さま自身の感染リスクを下げるためにも、他のお子さまへの感染を予防するためにもマスクの着用をお願いしています。 一方でご存知のとおり依然としてマスクの購入自体が難しい状況で、現時点では 「着用のお願い」 にとどめざるを得ない状況です。 マスクの供給が追いつき購入できるようになった段階で、教室にもマスクをご用意し着用していただく予定です。

◆接触感染を防ぐため消毒液をご用意しています
 ウイルスが付着したものを触ることによる感染を防ぐため、各教室に 「Haccpper」 という消毒液をご用意しています。 こまめな手洗いと消毒液での殺菌で感染リスクを下げられることが分かっています。 (現時点では空気感染はないというのが厚生労働省の見解です) またドアノブや机やカウンターなど多くの方が触れる場所も休み時間ごとに消毒をします。

◆ハセッパー 「Haccpper」 について
 ・次亜塩素酸水で、アルコールなどの消毒液の数倍の殺菌力があります
 ・においもなく、皮膚の炎症なども起こりにくいので常時使用も問題ありません
 ・アルコール過敏の方にも安全で、病院や食品工場でも使用されています

◆体調が悪いという時点でご帰宅いただく場合があります
 激しく咳き込む、顔色が優れないなどの様子が見られる場合、体温が37.5度を超えている場合には、その日はご帰宅いただく対応をとります。 他のお子さまへの感染を防ぐための措置ですので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

◆室長、講師などスタッフも体調管理を徹底します
 室長、講師など全教室スタッフは出勤時に検温し、体調確認や周囲の感染者の有無などのヒアリングを行います。 日々多くのお子さまと向かい合う私たち自身が感染源となることがないように、体調管理に十分に配慮してまいります。


 ご家庭にお願いしたい感染防止策 

通塾前の検温をお願いいたします
 37.5度を超える場合には通塾をご遠慮いただき、教室へのご一報をお願いします。 また上記のとおり特別に平熱が低いお子さまもいらっしゃいます。 お手数をおかけしますが、お子さまお互いのために通塾直前のご家庭での検温も継続いただき、平熱より0.7度以上高い場合も通塾をご遠慮いただくようお願い申し上げます。

◆万一ウイルス感染が確認された場合はただちにご連絡ください
 万一お子さまご自身や、濃厚接触者の感染のご連絡があった場合にはただちにその教室の休校対応をとり、感染者名を伏せて感染者が出た旨を関係者に速やかにご連絡いたします。 お互いの健康のため、ご協力をよろしくお願いいたします。


202002201.jpgのサムネール画像 202002023.jpg

一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせ:0120−55−3759

ページトップへ